作業メモをだらだらと綴るブログ

色んな誘惑に負けながらのんびり初めてのAndroidアプリ開発に苦戦する様子を生ぬるく見守って欲しい感じ

Surface Pro 6 いじってみた

せっかく新しいガジェットをゲットしたので、まだ半月程度ですがいじってみての感想でも書いてみようかなと思います。 購入考えている人がいたら参考にしてもらえればと。

良かったところ

ディスプレイが綺麗

解像度が高いせいか写真とか動画がすごく綺麗に見えます。あと、フォントが滑らかに見えるので文書も読みやすいです。

軽くて薄くて静か

薄いのでバッグとかにスッと入るし、昔のPCと比べたら断然軽いので携帯性高いです。また、SSDかつファンレスなので駆動音ほぼ聞こえません。それと、タイプカバーが薄いのでホームポジションで構えた時に手首が浮かないので変に力が入らないのが個人的にかなり楽です。タイプカバーのもうひとつの利点として、本体と分離しているため発熱による手元の不快感がないのも地味にポイント高いですね。

タブレットモードが思ったより使える

正直タブレットモード微妙だろと思ってたのですが、自分がWindows7使い続けている間にマイクロソフトは粛々とWindowsを進化させていたみたいです…タッチパネルの感度も良いし、スワイプとかタップとかの直観的な操作ができるのでタブレット端末と操作性はほぼ一緒じゃないかな。ソファでだらーっとしながらブラウジングとか漫画とか読む程度なら十分快適です。

メーカー独自のプリインストールソフトがない

余計なプリインストールソフトが一切入ってない。素晴らしい!

Microsoft Officeが標準搭載

最近はOfficeのWeb版もあるしクラウド系サービスでいじれるものも多いのでちょっとした作業であればなくても困らないけど、やっぱりアプリ版が入ってたほうがいざって時に便利。

微妙なところ

インタフェースが少ない

イヤホンジャック、USB3.0(Type-A)×1、Mini Display Port×1、microSDカードリーダーしかない。最近はマウスとかヘッドセットもみんなBluetoothだし十分といえば十分な気もする。個人的に愛用しているマウスがM570なのでUSBが占領されてしまうのが難点…AndroidつなげてデバッグするときにいちいちUSB付け替えるのもめんどくさいし、USBハブ使うのもせっかくの携帯性を落とすのでUSB×2だったら良かったなと思ったり。

タブレットとしては重い

良いところで書きましたがタブレットモードはたしかに操作性は快適です。快適なのですが、長時間使用はやっぱりしんどいレベルの重さです。

初心者に優しくない

箱を開けると本体とACアダプタだけで取説とか一切なし。Surface買うような人は自分で調べられるだろうってことなのかもしれないけど、リカバリの手段とかいちいち調べるのめんどくさいなーと思ったり。

まとめ

まだいじった時間が短いのもあるけど、そんなに気になるところはないです。マシンパワーもそこそこあるし本体デザインもスタイリッシュだしと、価格が高いことを除けば満足度の高い端末だなというのが率直な感想です。